湘南真田クリニック

医師紹介


総合診療と専門診療の融合

 従来のような臓器別に分かれた専門ではなく、患者さんの性別・年齢・臓器にとらわれず、内科・救急医学・循環器科・形成外科・熱傷の指導医/専門医が誠実に総合診療を実施します。形成外科の専門医がいますので、形成外科領域の病気も対応可能です。他の医療機関が診察したほうが良いと判断する場合は適切な専門診療科を紹介します。 私たちは、外来診療と在宅訪問診療、講演等を通して、予防や健康管理を含め、地域を診る診療医です。内科・救急医学・循環器科・形成外科・熱傷の専門医・指導医が、安心の総合診療を誠実に提供し、総合診療と専門診療の融合を目指します。お気軽にご相談ください。

医師紹介

・理事長・診療部長 山本 五十年(やまもと いそとし)

○趣味:料理

1950年生まれで、父が平和を祈念して「五十年」と命名したそうです。30数年、救命救急医療の最前線で生命と向き合ってきました。東海大学病院で救命救急科の診療科長を務めていた時、救急医療と在宅医療は表裏一体であることに気づき、2009年に医療、介護と暮らしを複合した湘南メディケア真田センターを開設しました。湘南に赴任して20年、平塚市内に住居を構えて10年を越えます。地域に根差した外来総合診療と訪問診療を提供し、多職種の事業所と連携し、皆様の健康と暮しを支えるために、努力してまいります。

【略歴】

鹿児島大学医学部卒業

'80
大阪大学特殊救急部
'81
国立東静病院(国立病院機構静岡医療センター)外科
'85
大阪大学特殊救急部
'86
鹿児島大学救急部
'91
名古屋大学救急部・高気圧治療部(助手)
'93
東海大学医学部救急医学講師
救命救急医学準准教授、高度救命救急センター次長、救命救急科診療科長
'08
医療法人救友会理事長(兼任)
'12
東海大学医学部救命救急・地域医療連携講座特任准教授
'14
湘南真田クリニック院長、東海大学医学部定年退職後、客員准教授に採用
'19
湘南真田クリニック院長退任
医療法人救友会理事長・診療部長、東海大学医学部客員准教授

【専門医等】

日本救急医学会(指導医、救急課専門医)
日本臨床救急医学会(評議員・功労会員)
日本高気圧環境潜水医学会(前理事)
日本中毒学会(前評議員)
日本外傷学会
日本在宅医学会
DAN JAPAN運営委員会
湘南地区メディカルコントロール協議会検討部会顧問


【著書等】

在宅医療のすすめー超高齢社会に向けた提言.幻冬舎メディアコンサルティング.
2019.04.
救急現場学へのアプローチ.プレホスピタルMOOK5.編集;山本五十年。永井書店。
2006.01.
他、200編

・院長 中丸 真志(なかまる まさし)

○趣味:釣り、読書

2015年6月までは内科・循環器科を専門に勤務医として長年勤めてまいりました。2015年7月当クリニックに就職し、山本理事長と共に、赤ちゃんから老衰、癌や心不全、呼吸不全の末期の方まで広く診させていただいております。自分の限界を十分に承知しながら、地域の方々にお役に立てるよう、専門の壁を越えて診療の幅を広げております。力強い仲間と共に、地域の病院、診療所、調剤薬局、訪問看護ステーション、訪問介護ステーション、居宅介護支援事業所、通所リハビリテーション、デイサービス等と連携をとり、皆様とともに歩んでまいります。よろしくお願い申し上げます。

【略歴】

1986年、宮崎医大卒業。横浜市立大学第2内科入局。
藤沢市民病院、県立足柄上病院、国立相模原病院、神奈川県呼吸器循環器センター、済生会横浜南部病院、藤沢湘南台病院等で、内科、循環器科、総合診療科に従事。
2015年7月、湘南真田クリニック副院長。
2019年4月、湘南真田クリニック院長就任。
誠実な人柄、豊富な知識と技術には定評があります。


【専門医等】

日本内科学会 総合内科専門医
日本循環器学会 専門医
日本プレイマリ・ケア連合学会 認定医

・副院長 春成 伸之(はるなり のぶゆき)

○趣味:鉄道旅行(乗り鉄)、音楽鑑賞

今まで重症救急疾患、重症外傷、広範囲熱傷、切断肢等の非常時の診療に従事しておりましたが、年齢を重ねるうちに自分の力量に合ったsustainable(持続可能)な診療を模索していました。横浜市立大学附属市民総合医療センター高度救命救急センターに従事した12年間、週に1日在宅総合診療を行ってきました。また、当医療法人救友会理事長の山本先生は、私の大学の先輩で、救急医の上司でもありましたので、当クリニックに勤務することにしました。今後は、皆様の日常に一番近い診療を行っていきたいと思っています。

【略歴】

'88
鹿児島大学医学部卒業
'88〜'90
鹿児島大学附属病院救急部
'90〜'97
東京医科大学病院形成外科
'97〜'98
海老名総合病院形成外科
'98〜'04
社会保険中京病院救急科
'04〜'05
University of Washington, Harborview Medical Center
'05〜'17
横浜市立大学附属市民総合医療センター 高度救命救急センター
'10〜'17
横浜市立大学救急医学講座准教授
'17〜
湘南真田クリニック副院長

【専門医】

日本救急医学会指導医・救急科専門医
日本形成外科学会専門医
日本熱傷学会専門医
ICD制度協議会認定ICD(インフェクションコントロールドクター)
日本DMAT隊員
統括DMAT

・副院長 田村 剛三(たむら こうぞう)

○趣味:トライアスロン
※毎日愛妻弁当を作ってくれる妻と子供3人がいます。

 皆さん はじめまして。2019年4月に赴任いたしました田村 剛三です。東海大学病院高度救命救急センターと平塚市民病院救急科で救急医療の基本を学び取ったのち、沖縄県の離島、美しい海に囲まれた座間味島と久米島で計9年間の離島医療を行いました。医師になって16年。この度、神奈川へ戻ってきました。小さな島ではみんな顔見知りです。患者様というよりも親しい隣人である島の人達、そして子供から老人まで、怪我も病気も全てを診てきました。これからも距離の近い診療を心がけ、皆さんの親しい隣人であれたらと思っています。どうぞよろしくお願いします。

【略歴】

'03
東海大学医学部卒業
'03〜'05
東海大学病院(臨床研修医)
'05〜'09
東海大学医学部救命救急医学・高度救命救急センター
'09〜'10
平塚市民病院救急科
'10〜'14
沖縄県立南部医療センター・こども医療センター附属座間味診療所
'14〜'19
公立久米島病院内科
'19〜
湘南真田クリニック副院長

【専門医】

日本救急医学会
救急科専門医
日本プレイマリ・ケア連合学会
プライマリ・ケア認定医